シーターヒーリング練習会参加!願望実現ワークからの掘り下げでまさかのブロック解放!

こんにちは、ヒーラーのあきちゃんです。

今回は、2月23日に行った、同期とのシータヒーリング練習会の感想をシェアします。

ヒーラーのまゆみちゃんのワークで思いもよらずトラウマを解放した話も紹介します。

久しぶりの同期再会と雑談!

今回は、シータヒーリング同期5人との練習会に参加しました。

神戸駅近くの貸会議室にて、12時に集合します。

各自お昼ご飯を持ち寄って、食べながら近況を報告します。

最近のかめちゃん事情、受けたセミナーの話や、最近見るyoutubeの話などをしました。

ふと思ったことを書くと、世の中の動きや目の前のメンバーが感じているここにいない人の話は、あんまり興味がないなと思いました。

コーチングではKKIに注目するというのがあります。

出来事は一旦置いておいて、KKI(考え、感情、意思)に注目するという手法のことです。

感じたのはまさにこのことで、目の前の相手がどう考えどう変化したのかには興味がありますが、ここにいない誰かがどうこうは、今の自分には関係ないなと感じ興味がわかない自分に気が付きました。

テレビの中のことは、フィクションとして適度に楽しめればよいのと同じですね。

一人でこんなこと考える今日この頃です。

それから、それぞれ個人の近況報告を聞くと、学びが進み、そして体験して、それぞれ成長変化しているところは、刺激を受けました。

行動している人は本当に輝いていて素敵ですね!

楽しい願望実現ワーク!

さて、雑談もきりのいいところで、いよいよ練習に入ります。

今回はヒーラーのまゆみちゃんが願望実現ワークを提案してくれたので、それ体験させてもらうにしました。

先ずは、自分の大切な価値観の分野を直感で10個書き出します。

僕の分野は、人を助ける、お金、潜在意識、論理的、パートナーシップ、感情、仲間、個性、愛、笑い、可能性、自由という項目が出てきました。

そこからより大切な5個のテーマに絞ります。

僕は個性、仲間、人を助ける、自由、論理的をピックアップしました。

あんまり詳しく書くとワークのネタバレになるので、ここからは省略していきますね。

その後は、これらのテーマについて、現状分析していきます。

すると自分は、「ない」ことにフォーカスしていることを指摘してもらいました。

確かに、欠乏にフォーカスしていると、欠乏を現実化してしまうことは何度も勉強してきました。

それでも、理解はしているつもりですが、いつも言われて気づくなーと、改めて気がつきます。

ここで、ないことにフォーカスした言い訳をさせてください。

最近の自分の中の流行っている考え方を話します。

自分の現状の現実を体験しているのは、高次の自分がこのレベルが心地よい(コンフォートゾーン)と感じているレベルだからなのです。

この現実を理想の状態(例えばお金持ちな自分)にするためには、高次の自分を変えるのが先だと言います。

すると、理想を設定すると、理想に達していない自分は気持ちが悪い、ということで当たり前に頑張ったりしちゃうので、結果、理想が現実化するのです。

なので、理想の自分を、「仲間に囲まれて、自分の能力を活かし、楽しく過ごしている」設定を持っていたので、現実とのギャップで「ない」という感覚が強く出ていました。

「欠乏」と「意欲」と、「今ここに満足している」は相反しており、自分でもまだ統合しきれていない概念なので、今後磨いていきたいですね。

脱線ついでに、さらにもうひとつ別の気づきがあります。

この時「論理的」というのが、うまくまとまり切りませんでした。

その時は、すべてが上手くいく、完璧である、パズルがはまる、というようなイメージで説明しました。

捉え方によっては、完璧主義や、~でなければならない、でもあり、別の捉え方では段取りや計画のことで、さらには、予定調和のことと迷走しました。

一晩寝て再度定義づけすると、自分のハイヤーセルフと物質世界の自分が同じ方向を向き、やりたいことをするとその時必要なものが勝手に集まることを言いたかったんだと思います。

なので、予定調和のイメージです。

そして現在の仕事を通じてプロジェクトを計画し実行するスキルが身についているので、段取りを組んで、気持ちよくスムーズに実行したいとも思っています。

改めてキーワードとして言いたかったのは、スムーズであることです。

新しい視点の自分の願望に気が付けたことは良かったです!

さてさて話は戻りますが、現状分析から理想の状態に展開していくと、人助けしてアピールし仲間に評価されたいことが見えてきました。

なんと、自分には人に認めてもらいたいというブロックが発見されました。

掘り下げにより、解決テーマ発見!

まさかここから掘り下げに切り替わるとは思いもよりませんでした。

自分なりに色々解放してきたつもりですが、認めてもらいたいというブロックが見つかりました。

一体誰に認めて欲しいのか、母親なのか父親なのか、筋肉反射テストで確かめていきます。

母親や父親を恨んでいるか、認められているかをテストしました。

母親に対し、恨んでいる⇒YES、認めている⇒NOとなりました。

父親に対し、恨んでいる⇒YES、認めている⇒YESとなりました。

母親に対し何か因縁がありそうなのが見えてきました。

いいところですが、少し脱線します。

父親に対し、恨んではいるが、認めているなど、一見逆のことに対して、両方入っています。

以前、自分のことは好き⇒YESだが、嫌い⇒YESと言う結果が出ることもありました。

僕は似たような意味の言葉でも、言葉の意味、定義、ニュアンスを自分の中で分類していました。

なので、似たような言葉でも筋肉反射テストで結果が違うことがあることに気が付きました。

色で例えるなら、青と一概に行っても、空色、水色、藍色、などなど分類できるようなものです。

もしくは、大好きではないが、好きではある、のようなことも起きるのかもしれません。

0か100であるないを判断する人もいれば、0と1~100に区切って、0に近い1もあるに分類されることもあるのです。

言葉に対して、細かく分類している自分がいることを発見したエピソードの紹介でした。

さらにもう1個脱線します。

母親を奥さんにも投影していて、自分の意思が通らないことでケンカをすることがあります。

これも自分のメンタルブロックでした。

ブロックのある自分が「意思が通らない」ことを自分でプラスに書き換えようとしても、「意思を通さない方がよかったこともある」、とポンコツなアイデアしか出てきません。

ブロックが発動していると、プラスの書き換えが困難であることを体感しました。

他者にアイデアを出してもらい、意思が通さないことで別の人の意見を聞く機会になり視野が広がる、という視点をもらい、捉え直すことができました。

ではでは、改めて話を戻すと、母親に認めて欲しい根っこが見つかりそうです。

僕はこれまでにも、母親に愛されたかった、弟に母親を取られたなど、母親との関係を解放してきたつもりでいます。

それでもまだ別のものがあるのかと、困惑しました。

そして、この時まゆみちゃんが指摘してくれたのは、「母親」という定義がずれているということでした。

それでハッとなり、筋肉反射テストで「母親の定義を知っている」かを確認するとNOと出ます。

これは、今回解決するテーマであり、過去性、そして魂のトラウマレベルの大マグロでした。

掘り下げってのは、より具体的なエピソードを探すという思い込みがあったのですが、「母親」そのものという解があるんだなーと、驚きと、まゆみちゃんの洞察力に心底関心しました。

その後、シータヒーリングでゆうちゃんにこの思い込みの書き換えをしてもらいました。

すると、お母さんが大好き、という言葉が自然と出てきました。

面白いのが、ゆうちゃんにも息子さんがいて、息子に対する感情も何か解放されたそうです。

すべてがうまい具合にできていて、こちらのパーツとあちらのパーツがはまるようにできているのですね。

今、ハッと気が付いたのが、このスムーズな感じを先程上げた、論理的というよりかは合理的として、自分が求めているものだったのです。

すでに叶い始めているじゃんね!

行動宿題!母親への手紙!

さあ、母親に対して書き換えができたところで、あとは行動の宿題です。

書き換えで50%、行動して残りの50%、合わせて100%であり、行動しないと戻っちゃいます。

宿題は母親へ手紙を書くことです。

出しても出さなくてもブログで書いても良いとのことなので、ここで今から書いてみることにします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

お母さんへ

 お母さん大好きだよ。

 大好き、大好き(自分が5歳の子供にもらう手紙のレベルの内容になってしまう)

 僕に弟ができて、僕のことがおろそかになってしまったんだろうね。

 僕は記憶にないけれど、この前聞いたら、弟が小さいときにうるさいお兄ちゃんにきつく当たったことがあると教えてくれて、謝ってくれたね。

 大人になったら今ならそのことをちゃんと理解できるよ。

 覚えていないけれども、小さかった僕はそれが寂しかったのだね。

 でもね、ついに面白いことがわかったよ。

 

 子供は親を選んで生まれてくるって話を知っている?

 だから僕の場合は、生まれるときに、母親というものが何なのか知りたくて、このことに気が付く体験をしたくてお母さんを選んで生まれてきたんだね。

 生まれて、愛されて、弟ができて欠乏感を経験し、この欠乏感をずっと抱えて、その後に母親ってやっぱりいいなっていうことを思い出す、一連の経験ができました。

 僕は無意識に恨んでたかもしれないけど、責めているわけではないのだよ。

 自分がこの解放を得るためのストーリーを体験したかったのだから。

 いっぱい愛情を注いでくれてありがとう。

 その愛情ゆえに、いつも心配してくれてありがとう。

 見守ってくれてありがとう。

 自由を尊重してくれてありがとう。

 

息子より

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あー、真面目に手紙書いたら、感情が来ました。

当日は発見って気持ちで、感情はついてこずにピンとこなかったけで、今はぐっとくるものが湧いてきました。

願望実現ワークの続き!

話を願望実現ワークの話に戻します。

願望を設定して潜在意識を書き換えます。

そして最後に自分の行動としてまとめます。

僕のまとめは、

「私はスーパーヒーローとして、仲間に囲まれた世界へ行きます」

と発表した。

一晩明けて改めて考えると、(最近の学びでハイヤーセルフとつながって行動することの重要さでもあるが、)自分の役割を果たしたいという、願望というか責務と言うか、当たり前と言うか、この気持ちを強く感じます。

人を助けたいというよりは役に立ちたい、という方が近いと思います。

あとは最近、気功に興味が出てきてて、超能力チックな面への関心もスーパーヒーローに通ずるところがあるなと感じました。

特別になりたい、特別でないことの欠乏感、ブレーキを外して爆発させたい、この辺りが次のテーマかもしれません。

学びを与えてくれる仲間、気づかせてくれる仲間、共感して承認してくれる仲間ができました。

みんな本当にありがとう!

あ~そうね、仲間のテーマもさっそく実現しているね!

すごい!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP