煮あずきデトックス、3~4日目の効果!生姜紅茶の作り方も!

こんにちは、あきちゃんです。

煮あずきで宿便を出すデトックスを目指しています。

今回は、4日目までの状況を報告します。

煮あずき生活3日目の変化!

煮あずきと生姜紅茶生活3日目について報告します。

煮あずき作成3日目にして、あんこというより煮豆の姿になりました。

これまではよくわからずに、また油断して煮過ぎていましたので、あんこになっていましたが、ついにあんこから脱却できました。

あと、煮あずきの味気なさに飽きてきましたが、焼き生姜をトッピングすることで食欲アップすることが分かりました。

さっそく、焼き生姜を準備します。

しかし、生姜の在庫が切れたこともあり、同じく陽性食材で薬味になりそうなニンニクを使うことにしました。

焼き生姜と同じ要領で、作ります

1.ニンニクを包丁でスライスする

2.ゴマ油を敷き、ニンニクを投入しで炒める

3.焼き目が付いたら、しょうゆをかけ、炒める

ここまでは前日の晩に用意していました。

3日目、早朝4時ころ目が覚め、さっそく煮あずきを作ります。

自分の体と煮あずきの分量が見定められず、おなかがすいていますね。

6時くらいに早めの朝食ということで、煮あずき+焼きニンニクトッピングでいただきます。

う~ん、美味い!

焼き生姜よりも焼きニンニクの方が食べやすいです。

そして、12時ごろにももう一杯食べました。

本当は、朝晩が煮あずきなのですが、

どんどん変則的になってきました。

3日目の夕方、すこし気分が悪くなってきました。

栄養不足かなと少し不安になります。

家族の夕食に合わせ、煮あずきを食べます。

そうすると気分も回復してきたので、どうやらおなかがすいていたようです。

3日目は、家族が食べたうどんの汁を飲んでみたり、子供が残したわずかなうどんを食べたりと、少しルールから外れていきます。

3日目の夜、気分が悪くなったのと、実は2日目の夜におなかがすいていたりと、

無理はしないようにしたいので、4日目の夜は、

普通の食事を解禁しようかなと思いました。

ちなみに石原結實先生の本にも、2日目以上の断食は専門家と相談しながらとか書いてあるので

少し不安になっていました。

そうそう、3日目の変化としては、鏡に映る自分の顔を見て、あご周りがシュッとした気がします。

手であご周りを触ってみても、無駄肉が減っていると感じます。

あと、お菓子バクバク生活だったので、お菓子断食できたのが良かったです。

生姜紅茶の作り方!

生姜紅茶の作り方を載せておきます。

1.普通のティーパックで紅茶を作る準備をする

2.生姜約1/3玉分をすり、急須の網に投入する。

3.はちみつ、もしくは黒糖を入れる

紅茶1パックに2回お湯を注ぎ、約1Lの生姜紅茶を作っています。

最初は、はちみつや黒糖なしで飲みましたが、少し刺激が強かったです。

僕の一番のおすすめははちみつトッピングです。

この3種類を飽きが来ないように使い分けています。

煮あずき生活4日目で食事再開したらすごかった!

煮あずき生活4日目で、昼頃に煮あずきを食べました。

それまでの間は、生姜紅茶をちまちま飲んでいます。

なんだか、おならのにおいもしなくなってきたので効果を感じています。

まだ家族からの合格はもらっていませんが。

そんな中、おなら関係なく、奥さんからは部屋が、生姜とニンニク臭いと言われ、ちょっとショックです。

自分では気が付きませんが。

また、今更ながらあずきの栄養について調べてみると、あずきは完全栄養食と言われ、鉄分や食物繊維などバランスよく含まれているそうです。

ただ、ビタミンCは少ないようなので、ミカンやブロッコリーなどで補うといいようです。

今後は組み合わせていこうかなと思います。

そんなこんなで夕方に、子供たちのおやつにサツマイモを焼いて焼き芋を作りました。

4日目は、夕食は煮あずき+少し食事を再開しようと思っていたので、食べちゃいます。

そして、夕食の食卓に並んでいた、昨晩の生姜焼きの残りの豚肉を一切れ食べてみました。

あーー、美味しい、噛んでも噛んでも味が出てくるー、

豚の旨味が口に広がる~、幸せ~、という気持ちでいっぱいになりました。

4日ぶりのあずき以外の食材を食べ、味わい軽く涙が出てきました。

それから、大根のツマを食べてみました。

普段はしょうゆやポン酢をつけるのですが、そのまま食べたところ、めちゃめちゃジューシーで甘い。

大根あまーっ、とまたまた軽く感動しました。

その後、キャベツの千切りを食べます。

こちらも普段はポン酢マヨネーズで食べていますが、そのままでも甘ーい、大根よりもさらに甘ーいと驚きです。

そして、嫌いなので普段食べないトマトも食べてみます。

めちゃめちゃジューシーでミカンを食べているようなみずみずしさと、程よい甘さで、気持ちよく食べれたことに感激です。

それから、焼き芋を食べたり、昨日の残りのうどんを食べたり、

少しのつもりが意外と食べてしまいました。

最後の方は、小さくなった胃袋には負担となり、食べたくないのに食べていた気がします。

食事後、ちょっとしんどくなって横になると、そのまま昼寝?をしてしましました。

やっぱり食事を消化するのにエネルギー使うよね。

いやー、普通の食事がこんなにおいしいものだったとは驚きました。

普段、濃い味付けや添加物、お菓子の食べ過ぎでどれだけ味覚がマヒしていたか実感しました。

なにより食事の感動がすごかった。

これからも小食にし、質の良いものにこだわろうと思った一日でした。

投稿者:

明那

はじめまして。あきちゃんです。 プラントエンジニアをしており、2児の父です。 仕事上の挫折の経験から、自己啓発に取り組み、世の中の自己啓発本の言わんとしていることを自分なりに理解しました。 持論を展開してい行きますが、私と同じような悩みを持っている方の力になれればと、思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です