エナジーバンパイアに気をつけろ!簡単に盗まれない方法とは

日常生活の中で刺激的なマスメディアによって、知らず知らずのうちにエネルギーが盗まれていることをお伝えしました。

 

今回は、驚きの真実をお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、人間関係が大きく改善する一歩となります。

身近に潜む、エナジーバンパイアに気づこう!

あなたの周りに、一緒にいるだけで疲れる人、嫌な感じの人いませんか。

実は、その人たちにエネルギーを盗まれています

 

まずはどのように盗まれているかを説明していきましょう。

例えば、上司が部下に厳しい態度をとり、部下が委縮している場面を想像してください。

いわゆるパワーハラスメントです。

この場面を、一般的には上司が悪い、それは言い過ぎだ、という意見もあれば、部下に原因がある、とか色々な見方があります。

 

この状況をマインドポイント思考の観点から、エネルギーに焦点をあてて分析します。

 

先ず部下の立場から見ると、上司に怒られ、自分を否定されて嫌な気持ちになっています。

この時ネガティブな感情を抱きエネルギーは減少しています。

 

次に上司の立場からみると、部下をしかり、相手のミスを指摘してやった、自分が正しい、自分の方が偉い、という気分になるのではないでしょうか。

この時、支配欲が満たされて、エネルギーが増大しています。

 

そして、結論としては、エネルギーが部下から上司に流れていると、捉えることできます。

もちろん、当人たちはこのことを意識していませんが、実際に起こっていることです。

 

もう一つ例を挙げます。

 

職場や友人に噂好きな人っていませんか。

 

その人は、他人のゴシップを集めて、周りに言いふらします。

 

その人を相手にするあなたは、また始まったといぶかしむ気持ちで耳を傾けることになり、どっと疲れます。

その人は、他人のゴシップを話し、自分はこんなことを知っているのよ、相手の弱みを握っているのよ、と優越感に浸ります。

聞かされる側は、その話を聞き自分のことも言いふらされているのだなと、嫌気がさします。

 

先ほどのパワハラと同じように、あなたから相手にエネルギーが流れているのです。

 

このように、エネルギーが相手に流れ、あたかもエネルギーを奪われていることが起こっているのです。

あの手この手であなたからエネルギーを奪う人々を、エナジーバンパイアといいます。

エナジーバンパイアから身を守る方法とは

基本的な対処法は、これまでと同様、マインドポイントを高く維持することです。

簡単には奪われない、動じない心を身に着けることが、理想です。

 

パワハラ上司も部下が、話を聞かないと思ったら、パワハラも弱くなっていきます。

他にエネルギーを奪いやすい部下を探すでしょう。

 

噂話が好きな人も、他へ行くでしょう。

 

ここで注意したいのは、態度を急激に変化させないことです。

 

急激に変化されると、人はびっくりしてどうにかもとに戻そうとするものです。

反抗されたとみなし、反撃してくるかもしれません。

 

それでは、徐々にエナジーバンパイアを撃退する方法を紹介します。

 

嫌な気持ちになったなと感じたら、エネルギーが盗まれてるなと感じたら、その状況を頭の中でイメージしてください。

例えば、自分の体から湯気のようにエネルギーが抜けていき、相手に食べられるイメージ

もしくは、相手にストローでチューチュー吸われるイメージ

自分の納得いく姿でイメージしましょう。

 

ここからが、具体的な方法です。

そのイメージの中で、エネルギーの流れを断ち切るのです。

湯気のようにエネルギーが抜けているなら、体の皮膚に留めるイメージ

ストローで吸われているなら、ストローをハサミで切るイメージ

いずれにしても、エネルギーの流れを遮断し身を守るイメージを強く持ちましょう。

やるとやらないじゃ大違い。

嫌なことがあったとき騙されたと思って、試してみて欲しいです。

ただですので。

 

きっと、気持ちが楽になってくると思います。

 

最後にまとめとして、日常の中に嫌な人、感じが悪い人がいたら、それはエナジーバンパイアがだったのです。

エネルギーを奪われているから嫌な気持ちになっていたのです。

エネルギーを守って、対等な人間関係を築きたいものですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP